あごが小さい!?子供のうちから歯並びを整える理由

昨今の子供の歯の成長

堅いものを食べれば当然噛む力が必要になるためにあごが鍛えられます。しかし最近の若者はやわらかい食べ物を好んで食べるような傾向があるために、昔よりもあごが発達しない子供が多くなっています。子供が生まれて成長ともに歯が生えてきて、子供の歯が大人の歯に生え変わるときには、歯が子供の歯よりも大きくなるために歯がずれたりします。更にあごが発達していない子供が多くなっている昨今では、更に歯並びが悪くなる要因になります。

歯並びの悪さが与える影響

歯並びが悪くなると、見た目によくなくなる以外にも様々な支障が出てくることがあります。狭いところに大きな歯が生えてこようとしているために斜めに生えてきたり上下の噛み合わせができないようになることもあります。すると食事をするときに食べ物をきちんと噛むことができなくて消化不良になったり、また歯磨きをしても取り残しができたりします。特に噛み合わせが悪いと、あごにかかる力のバランスが崩れて、あごの形がくずれて変形することもあります。

小さいうちから歯並びを整える

そのため成長期のうちに歯の矯正をする人も多いです。今後の子供の成長を考慮して若いうちからブリッジをつけて見た目の並び方も綺麗にします。場合によっては、歯を小さいうちから抜いて矯正をするケースもあります。あごが発達していなくて、今後も成長が見込まれない場合には小さいうちからそのような治療をする人も多いです。見た目以外にも実用面で子供の今後の成長を考えて矯正する人も多く成長期におこなうと比較的矯正がしやすいです。

出っ歯の矯正は見た目の問題の解消以外に、歯並びが良くなる事で体の歪みを改善する事に繋がり、肩こりや腰痛等の予防にも効果があります。