目立たないようにしたい!歯の治療法の種類

詰め物とか矯正とかって目立つからイヤ・・・。

虫歯になると治療して銀色の詰め物をすることがあります。でも銀歯だと目立つし人に見られたくない・・・と思う人もいますよね。たとえ奥歯であったとしてもやっぱり他人に見えてしまうことはあります。また、歯の矯正を勧められたときにも金属の矯正器具をつけることがありますが、それも見た目を気にしてつけたくないと思う人もいるのでは?そんな方々でも大丈夫です!詰め物や矯正の種類によっては、ほとんど目立たないで治療ができるものもあります。

目立たない詰め物による虫歯の治療

いわゆる金歯や銀歯といった金属を虫歯を治療した歯に詰めるのは、強度が強く奥歯であっても割れるようなことがないので使われています。でもやっぱり見た目は気になりますよね。見た目を気にする人には歯の色に合わせられるプラスチックやセラミックの詰め物をお勧めします!プラスチックは保険が適用されるため値段は安いのですが、強度が弱く破損することがあります。セラミックは値段が高いのですが、強度が強く吸水性も少ないので着色もありません。プラスチックとセラミックを混ぜ合わせたものもあるので、医師や家族と相談して決めましょう!

目立たない矯正の治療

歯の矯正治療というと銀色のワイヤーのような金属をつけている人を思い浮かべますよね。矯正治療には金属の器具による矯正のほかにも、目立たないマウスピースを使って矯正する治療法もあるんです!透明で薄いプラスチックでできているので、他人にあまり気づかれることなく矯正をすることができます。しかも、歯磨きや食事のときはいつでも自分で取り外せるんです!治療期間はどちらもあまり変わらず、マウスピース矯正でもしっかり矯正できます。

オールセラミックは、全てセラミック(陶器)で出来ている被せ物や差し歯などを使用する治療法です。自然な歯の白さを再現でき、金属を一切使っていないので、歯茎の変色や金属アレルギーの心配がありません。